がん保険

保険[がん保険]の選び方

この記事を読むのにかかる時間:042

「がん保険」の選び方

日本人の死因第1位はがんです。これは寿命が伸びたことにより、高齢者のがん患者が増えたことによりますが、著名人のがん告白を拝見することが多くなり、心配している人も多いかと思います。がんは生活習慣病の一つですので、栄養のある食事と適度な運動、定期健診などでがんを患ったとしても治る病気として認知されつつあります。がん治療に対する医療技術の進歩はめざましく、いずれはほぼ治る病気となるのではないでしょうか。

がん保険は各保険会社が販売しており、数十年前のがん保険では十分な効果が得られなくなっています。このように言われてから随分月日が経っていますので、見直しした人も多いでしょう。おそらく、最近契約した人も数十年後は保障内容の異なる保険に見直したり、そもそもがん保険が要らなくなったりしているかもしれません。

がん保険の種類

がん保険は生命保険会社が販売する日額型と損害保険会社が販売する実費補償型がありますが、商品数の多さからも日額型が中心となっています。ただ日額型は入院日数をベースにするため、入院日数が短期化している現在、期待通りの保障を受けられない可能性もあります。そこで入院による保障ではなく、がんと診断された給付されるがん診断給付金を主契約とするがん保険が誕生し、一部の生命保険会社で販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。