判断材料[介護保険]

介護保険は必要か?

この記事を読むのにかかる時間:028
知識
判断材料
選び方

介護保険は必要か?

高齢になれば介護の必要性は増加するのは納得できるでしょう。ここでは退職前までに介護保険が必要かどうかの判断材料となる統計データ等を紹介していきます。

公的介護保険は、40歳から65歳までは第2号被保険者になりますが、交通事故などによる介護は給付の対象外となります。65歳以降は介護の原因は問わなくなりますので、ある程度、公的介護保険に頼るとして、65歳までに民間の介護保険が必要かどうかを考えなければなりません。

公的介護保険の給付状況

次の統計データは、65歳以降の公的介護保険の給付状況です。65歳時点で、男性2.4%、女性1.8%ですので、65歳未満はもっと少ないと考えられます。

65 歳以上における性・年齢階級別にみた受給者数及び人口に占める受給者数の割合

出典:厚生労働省「介護給付費等実態統計」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。