年齢階級別の医療費と入院日数

この記事を読むのにかかる時間:19

年齢階級別の医療費と入院日数

保険会社のパンフレットに記載されているデータだけではなく、様々なデータをもとに医療費と医療保険について考えていきます。厚生労働省では「医療給付実態調査」を行っており、傷病別に入院日数や医療費を算出することができます。

平均入院日数

調査結果には、件数、日数の総数が記載されていますので、「日数/件数」で平均入院日数を算出しました。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

グラフが重なっていて分かりにくいですが、ここで知りたいのは年齢階級によって平均入院日数が変化するかどうかですので、変化がほとんどない傷病を除いてグラフにしました。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

総合失調症や脳血管疾患は明らかに高齢者ほど平均入院日数は長くなっており、他の傷病と比較しても平均入院日数は長めです。また悪性新生物は若年層の方が平均入院日数は長くなっており、40歳以上で12日程度に落ち着いています。悪性新生物を除いて、全体的に高齢者ほど平均入院日数は長くなると考えてもいいでしょう。

最後にもとになった数値を紹介しておきます。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

医療費

次に医療費です。調査結果には、件数と点数(1点10円)が記載されています。また今回は3割負担のみをグラフ化していますので、「点数×10/件数×0.3」で平均医療費を算出しました。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

若年者の悪性新生物の場合、医療費は目立って高くなっています。またおおむね、どの年齢階級でも、悪性新生物、脳血管疾患、虚血性心疾患のいわゆる三大疾病の医療費が高くなっています。

最後にもとになった数値を紹介しておきます。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

実際にかかる医療費

これまで紹介してきた医療費は3割負担部分のみで、実際には高額療養費制度を利用することで負担は下がります。ただこれらの金額は1件に対する金額ですので、再入院した場合には医療費がかさむことになります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。