借り換えでも団信が必要か

この記事を読むのにかかる時間:027

ローン残高が減れば死亡によるリスクは減少する

死亡による金銭的リスクを必要補償額として保険でカバーしますが、住宅ローンの残高が減れば、返済に限って言えば、借入当初よりリスクは小さくなっています。借入当初は、30歳前後で将来の見通しを立てにくかったかもしれませんが、40歳台、50歳台になれば、ご夫婦の働き方を含め、ある程度、万一死亡した場合でも返済し続けられるかどうかの判断ができるでしょう。

借り換えでも団信が必要か

ほとんどの金融機関では一般の団信保険料は無料です。そのため、団信が必要かどうかの判断は、団信を充実させるかどうかの判断となります。金利が上昇しても保障を充実させるかどうかを決めなければなりません。医療保険やがん保険など、一般の保険に加入している人は、保険全体を見直し、無駄をなくすいいきっかけとも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。