住宅ローンの負担を軽減できる一部繰り上げ返済

この記事を読むのにかかる時間:128

一部繰り上げ返済は、住宅ローンの利息負担を減らす方法としてご存知かもしれません。ここでは、一部繰り上げ返済の特徴と2つの返済タイプ、各金融機関の手数料について解説していきます。

住宅ローンの一部繰り上げ返済

住宅ローンの借入後に負担を減らす方法として、一部繰り上げ返済、借り換え、金利タイプの変更があります。この中で一部繰り上げ返済は比較的手軽にできる負担軽減法と言えます。

一部繰り上げ返済は、毎月の返済とは別にまとまった返済をする方法で、どの金融機関でも取り扱っています。ただ一部繰り上げ返済による手数料の有無や返済額の基準など金融機関で異なる点もありますので注意が必要です。

住宅ローン一部繰り上げ返済の2つのタイプ

一部繰り上げ返済には2つのタイプがあります。期間短縮型と返済額軽減型です。家計の状況によってふさわしいと思う方を選びましょう。

 

住宅ローン一部繰り上げ返済、期間短縮型

期間短縮型は、完済時期を早める方法です。たとえば借り入れ時に70歳が完済時であっても、繰り上げ返済で65歳を完済時期にし、退職前に住宅ローンを終わらせることができます。完済時期が遅くて心配な人は期間短縮型を選びましょう。

住宅ローン一部繰り上げ返済、返済額軽減型

返済額軽減型は、毎月の返済額を減らす方法です。毎月の返済額を減らし、家計のやり繰りをしやすくすることで、生活にゆとりがでます。ただある程度まとまった資金で繰上げ返済をしないと実感できるほど返済額を軽減させることができません。

住宅ローン借入前に確認しておきたい手数料

一部繰り上げ返済の手数料は無料としている金融機関が多いですが、窓口や電話での返済は手数料がかかることもあり、借入前に確認しておいた方がいいでしょう。

この記事を読むのにかかる時間:057

一部繰上げ返済の窓口は、インターネットバンキングなどのweb経由、店舗窓口、店舗内テレビ電話(専用パソコン)などがあります。

都市銀行
 金融機関  項目
 みずほ銀行 webは無料、その他32,400円
※保証料一括前払い型の場合、保証料の一部が還付されるが、保証会社手数料として10,800円かかる。
 三菱UFJ銀行 webは無料、窓口16,200円、その他5,400円
 三井住友銀行 webは無料、窓口16,200円、その他5,400円
※保証料外枠方式の場合、保証料の一部が還付されるが、保証会社手数料として10,800円かかる。
 りそな銀行 webは無料、変動金利型や全期間固定金利型は5,400円、固定金利選択型32,400円
1万円以上1万円単位
なお、保証料一括前払い型の場合、保証料の一部が還付されるが、保証会社手数料として10,800円かかる。
 三菱UFJ信託銀行 webは無料、変動金利型は3,240円、固定金利型16,200円
 三井住友信託銀行 webは無料、変動金利型は5,400円、固定金利型21,600円
ネット銀行等
 金融機関  項目
 イオン銀行 web・店舗とも無料
1万円以上1円単位
※店舗は返済元金50万円以上
 じぶん銀行 無料
 新生銀行 無料
1円以上1円単位
※スマート返済は1万円以上
 住信SBIネット銀行 無料
1円以上1円単位
 ソニー銀行 無料
1万円以上
 楽天銀行 web、電話とも無料
1万円以上1万円単位

※各金融機関の住宅ローン商品概要説明書で確認しております。詳しくは各金融機関にお問い合わせください。

住宅ローンの負担を軽減できる一部繰り上げ返済まとめ

一部繰り上げ返済をすることで利息の負担を下げることができます。借り換えに比べて手軽に負担を軽減できますので、変動金利で金利が上昇した場合などにもリスク回避の方法として使うことができます。

教育費など他の支出が続いている時期は難しいかもしれませんが、3年ごとや5年ごとなど一定金額が貯まるたびに定期的に一部繰り上げ返済する人もいらっしゃいます。

無理のない範囲で返せるときに返し、利息額を減らしましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。