ランダム・ウォーク理論

この記事を読むのにかかる時間:016

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

新品価格
¥2,700から
(2019/9/27 00:46時点)

ランダムウォーク理論(1973)とは

ランダムウォーク理論は、効率的市場仮設に基づいた考え方である。過去のデータから将来の値動きを予測することは不可能であり、新しい個別銘柄に関する情報は直ちに株価に影響しているというものだ。

参考サイト

ウォール街の最新理論を活用!分散投資「最強のポートフォリオ」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。